兵庫県の皆様、借金問題にお悩みなら今すぐ無料相談を。私たちが取り立てを今すぐストップします。

運営:オールニーズ法律事務所、神戸市三宮の弁護士

オールニーズ法律事務所 弁護士三上諒.jpg

弁護士に無料相談!

債務整理サポート実績1000件以上!

オールニーズ法律事務所
​代表弁護士 三上諒

阪急三宮駅徒歩3分、JR三ノ宮駅徒歩5分

費用は分割払いOK!適切な方針提案!

夜間、土日
​対応可!

私たちが取り立てを今すぐストップします!
任意整理、破産、再生、時効援用など・・・あなたに最適な返済減額プランをご提案!
債務整理1000件以上の実績

オールニーズ法律事務所が選ばれる理由

①相談料無料
②費用は分割払い可能

③解決実績1000件以上
④夜間、土日相談可能、三宮駅徒歩3分
⑤費用が明朗

​⑥初動から弁護士がスピーディーに対応

取り立てをすぐにストップします

借金問題は弁護士が解決できます!減額や免責、最適な方針提案

オールニーズ法律事務所

所長弁護士    三上 諒(ミカミ リョウ、兵庫県弁護士会所属)
所在地    〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町一丁目4番4号 木口ビル8階

阪急三宮駅徒歩3分、JR三ノ宮駅徒歩5分、阪神三宮駅徒歩6分

平日   09:00〜21:00    土日祝日    09:00〜21:00  定休日    なし

借金にお困りの方は今すぐご連絡下さい

借金問題にお悩みなら

あなたの借金問題、これらのうち一つでも心当たりがある方はすぐにお問い合わせを!

- 借りては返すという自転車操業状態が続いており、どうしてよいかわからない
- 返済が滞ってしまい、債権者から手紙や電話で督促の連絡がたくさんきている
- 返済をずっとしているが、利息が高く借り入れの総額が全然減らない
- ギャンブルや飲食代で借り入れが大きく膨らんでしまった
- 5年以上前に返済を止めていた会社から急に返済を求める連絡が来てどうすればよいかわからない
- 今までどおりの返済を続けることは困難だが、住宅は維持したい
- 個人経営で事業をしているが、負債額が大きくなり、事業継続が困難になった
- 自分の取引に過払金があるか知りたい

オールニーズ法律事務所

所長弁護士    三上 諒(ミカミ リョウ、兵庫県弁護士会所属)
所在地    〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町一丁目4番4号 木口ビル8階

阪急三宮駅徒歩3分、JR三ノ宮駅徒歩5分、阪神三宮駅徒歩6分

平日   09:00〜21:00    土日祝日    09:00〜21:00  定休日    なし

一つでも当てはまる方は今すぐご連絡下さい

弁護士の介入により、慰謝料の基準自体が変わり、多くの場合で増額が見込めます

交通事故賠償額の算定方法については、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士(裁判)基準の3種類があり、それぞれの金額は「自賠責保険基準」<「任意保険基準」<「裁判基準」となることが一般的です。
そして、裁判基準については、訴訟を行うか、弁護士が交渉することで初めて保険会社が支払いに応じるものになります。
つまり、弁護士に依頼するだけで、賠償額の基準が大きく変わるのです。

オールニーズ法律事務所の解決実績

オールニーズ法律事務所は、これまで培った知識と経験を生かし、お客様の期待にお応えいたします。また、お客様それぞれのご事情、心の声に耳を傾け、オンリーワンの満足度を目指します。

オールニーズ法律事務所三上諒任意整理白黒.jpg
オールニーズ法律事務所解決実績破産.jpg

任意整理により、月々の返済額が20万円⇒4万円、5分の1に圧縮、無理なく返済が可能に!

お客様は会社員で妻子持ちでしたが、小遣い5万円では足りず、借り入れを開始したのですが、奥様に借り入れのことを言えずにいました。それが理由で、小遣い程度に考えていた借り入れを返済するにあたって、奥様にバレないようにしたいという思いから、返済に充てるためにさらに借り入れを繰り返した結果、自転車操業状態となってしまい、気が付いたら借金の総額が300万円程度に膨れ上がってしまっていました。毎月の返済額も20万円と、どうやっても小遣いではやりくりできない状況になってしまっていたのです。

その後、意を決して弁護士に相談していただいた結果、任意整理によって各消費者金融と協議を進めた結果、返済月額を約5万円の小遣いの範囲内に収めることが可能となったのです。さらに、任意整理によって将来利息をカットした結果、今後の5年間を月々約5万円返済することで、借り入れを完済することも視野に入るようになり、お客様にも大変満足していただきました。

FXや投資用不動産の購入を原因とする2000万円以上の借入金が0円になった事例

依頼者は、FXや投資用不動産の購入による借入額が2000万円以上となっており、月々の返済が厳しく、相談に来られました。

当事務所は、破産申立てを進めることとしましたが、FX等投資による負債の増額は浪費による借金として、裁判所に免責不許可事由(原則として免責とすることができない)と判断され、裁判所の厳しい審査を受けるのが一般的です。しかし、家計収支について弁護士と丁寧に打合せを繰り返すことで生活状況を改めることができ、裁判所や管財人にも、依頼者が債務への認識を改めたということをしっかり伝える努力をしました。その結果、最終的には裁判所も理解を示してくれて、結果として免責決定を得ることができ、負債は0となりました。

オールニーズ法律事務所解決実績再生.jpg

事業資金で1000万円程度まで膨らんだ負債を200万円程度まで減額し、事業を継続し、自宅も維持できた事例

相談者は個人事業主で、事業資金での借り入れが1000万円程度あり、また、これとは住宅ローンもありました。事業の売り上げは一定程度あったため、事業の継続、そして家の維持を希望していましたが、返済を継続することが困難な状況でご相談に来られました。

打ち合わせの結果、再生申立てを行うことでご依頼を受けました。

最終的には、個人再生を行うことで、住宅ローン以外の負債は1000万円程度から200万円程度となり、家を維持しながら、事業から問題なく返済できる額まで減少させることが出来ました。

本件のように、住宅をお持ちの方は、住宅ローンについてはこれまでどおり払いながら、それ以外の負債を大幅に減額するという個人再生手続きによって、生活の再建をはかることができることもあります。お持ちの財産の状況や借金の総額にもよりますが、個人再生では借金を80~90%減らすこともできます。本件では、80%の借金を減らすことができました。
また、個人事業の継続は、自己破産手続きではよほど小規模でないと原則として認められませんが、個人再生手続においては、継続的に利益が出ていると認められれば、事業を継続することも可能です。
その他、破産手続きを行うことで仕事に支障が出てしまう特定の資格(保険の募集人の方や、警備員等)をお持ちの方にとっても、個人再生手続きは有用です。
このように借金の返済は厳しいが、家は維持したい方、事業を継続したい方、資格の関係で自己破産手続きをすることができない方にとっては、個人再生という方法で生活再建が図れることがあります。
当事務所は豊富な実績がありますから、同じようなお悩みを抱えていらっしゃる方はぜひ一度ご相談ください。

オールニーズ法律事務所弁護士中西亮介.jpg

借金のことでお悩みの方に

クレジットカードを利用したショッピングがやめられない、また返済が遅れ、他の消費者金融からの借り入れを返済に充てて自転車操業状態、あるいは、督促の電話が止まらない、そんなお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。借り入れが膨らみ、返済が厳しくなってくると、闇金に手を出そうかとか、クレジットカードを使って換金行為をしてしまおうかなど、冷静な判断ができなくなってしまう今後の返済や生活についてのご不安や悩みが出てしまい、経済的、精神的に生活にも影響が出てしまうこともあります。
このような状態のときに、弁護士が依頼を受ければ、督促や取り立てをすぐに止めることができるのです。
また、返済額を減らすことができる選択肢が、しっかりと用意されています。
まずは、あなたの借り入れ状況、収入の状況、生活状況を丁寧に聴き取りし、最善の方法で債務整理を行うことができるよう、幅広い提案を行います。仮に換金行為をしてしまった方でも、すぐに手当てすれば、債務を何らかの方法で整理し、生活を立て直すことができるのです。
これまで、あなたと同じお悩み、ご不安を抱えられている方のお手伝いを数多くしてきました。

債務整理の手続きは、一口に破産や個人再生、任意整理といっても、最適な方法、進め方は人それぞれで大きく変わります。
これまでこれまで、当事務所所属弁護士は、あなたと同じお悩み、ご不安を抱えられている方のお手伝いを数多くしてきました。にその中で、多彩多様な案件に携わった経験を踏まえ、ご相談者のご状況、ご意向等を踏まえた上での手続の進め方についてわかりやすく説明させていただき、安心していただき、生活を立て直すお手伝いをさせていただきます。

 

自己破産、個人再生、任意整理、過払金請求はこれまで多数の解決実績がありますので、ご相談者にあった解決方法を提案し、解決まで導きます。

▶︎ 任意整理・個人再生・自己破産
ご相談者の借入状況、生活状況、ご意向を踏まえ、どの手続きをとった場合にどうなるかという見通しを丁寧に説明させていただき、お一人お一人にあった生活再建をサポートいたします。

負債の原因というのは様々な経緯があり、ご状況も多種多様です。
負債額や生活状況で最善の方法は変わってきます。これらの事情を丁寧にお聞きし、解決まで導きます。

自己破産や個人再生を行うにあたっては、裁判所が判断をする上で関心を持つであろう点(その事案のポイント)を踏まえて、丁寧にご説明いたします。

▶︎ 過払金
過払金の回収については、貸金業者は自身に有利な見解や元金ベースでの和解に拘泥しがちですが、安易にそのような見解に寄ることはせず、粘り強く交渉し、話し合いが難しければ裁判とし、十分な回収を図ることを心掛けています。

## ◎依頼者のご不安を早期に解消するために
- 初回相談は無料です。まずは現状をお伺いして、分かりやすく丁寧に今後の見通しをお伝えいたします。
-費用面がご心配な方のために、お見積もりをご提示致します。また、弁護士費用が生活再建の上でご負担にならないように分割払いも提案しています。
- ご面談は当日・休日・夜間・電話相談をお受けしております。 ※要予約 
- ご用命がございましたら、出張いたしますので、ご高齢の方やお体の不自由な方はお問い合わせ下さい。

# ご相談の流れ
まずはお電話またはメールフォームにてご相談日時のご予約をお願いいたします。予約の電話では、ご希望の日時や相談内容、相談方法などを簡単にお聞きした上で、ご案内させていただきます。

ご連絡をお待ちしております。
 

弁護士費用

相談料無料

●着手金
過払い金:0円
任意整理:1社あたり3万3000円(4社目からは1社あたり2万2000円)
破産・再生
①破産(同時廃止手続):着手金33万円、申立費用3万円
②破産(少額管財手続):着手金38.5万円、申立費用3万円、管財人予納金20万円
③個人再生:着手金44万円、申立費用4万円

●報酬金
過払い金22%
任意整理0円、破産0円、民事再生0円

※上記はすべて税込です。
※法人や事業者の破産、再生等、複雑な事案については別途調整させていただきます。