top of page
  • rmikami0

交通事故に強い弁護士の見分け方

情熱と専門性

交通事故に強い弁護士とはどのような弁護士か、それぞれの依頼者によって、答えが変わってくるかもしれません。

ですが、交通事故被害者の苦痛に共感し、受け止めて業務に生かす情熱と、経験から培われた専門的知識・ノウハウなどの専門性は、弁護士にとって必要不可欠だと考えております。


オールニーズ法律事務所の弁護士に共通することは、被害者の方の言葉にしっかり耳を傾けることができ、貪欲に情報収集すること、保険会社との交渉に当たる際、適切な情報をもとに強気の交渉ができること、交渉が決裂して訴訟になった場合、適切な訴訟戦略を展開できること、これらを兼ね備えた弁護士であることです。

具体的には、被害者の方の症状について、提携医等に助けを求めながら専門的知識を身に着け、交渉で優位に立ったり、訴訟において裁判所をも味方につけられるように、臨機応変に訴訟戦略を変えたりすることが求められます。

このような弁護士を見極めることは容易ではありませんし、また、依頼者の方との相性もあります。まずは、弁護士に直接話しを聞きに行くことをおすすめします。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

物損事故と物損の損害賠償

交通事故においては、人が怪我を負った際の人身損害に加えて、車両同士が接触した場合や、積載物が破損した場合に、物に関する損害が生じることがあります。物的損害について、保険会社が適切な支払いを行ってくれない場合、弁護士に相談してみることを強くおすすめします。 この場合、車両等の所有者は、物及び車両の修理費用相当額や、破損したことによって失われた価値(評価損)、破損したことによって生じたコスト(買い替え

休業損害を請求したい方へ

休業損害とは、受傷やその治療のために休業し、現実に喪失したと認められる収入額をいいます。 算定方法は収入日額×認定休業日数です。 以下のように、基礎収入、身体機能の回復に伴う休業必要性の軽減等が争点になり、法的知識及び証拠の選別能力が強く必要になりますので、弁護士の助けが必要です。 休業の必要性については、障害の程度が重いことにより、休業が必要であることを立証する必要があります。 具体的には、主治

bottom of page